アルバイトが求める社員 社員が求めるアルバイト | アルバイト情報局
アルバイト情報局
2017年4月14日

アルバイトが求める社員 社員が求めるアルバイト

仕事をする上で、社員もアルバイトもお互いに求めていることがあります。両者、何を求めているか考えておきましょう。

アルバイトとして勤務するとき、職場にいる社員のキャラクターは仕事のやりやすさに直結します。作業効率や離職率とも大きく影響するため、会社の方でも理解しておきたいことだと思います。では、アルバイトの立場からすると、どんな社員がいると、職場のムードが良くなると感じているのでしょうか。

積極的に業務をフォローしてくれる

アルバイトとして働く立場からすると、自分ができない業務を積極的にフォローしてくれる社員は、とても好感が持てます。言い換えれば、自分の仕事さえ終わっていれば良いという姿勢の社員はNG!好感が持てないどころか、嫌な印象を感じるのではないでしょうか。

困ったことを丁寧に教えてくれる

仕事が分からないというとき、きちんと教えてくれる正社員の存在はありがたいもの。新人のアルバイトはもちろんのこと、ある程度ベテランの域に達していたとしても、クレーム処理や不測の事態には対応しがたいことがあります。こういうとき、丁寧に教えてくれたりカバーしてくれたりする人は、アルバイトにとって貴重な存在と言えるでしょう。

アルバイトが求める社員像があるように、社員側もこういうアルバイトと一緒に働きたいというイメージがあります。社会人としてのスキルが高く、会社目線で物事を考えられる人材に出会えるのが理想的。これができる人材は社員登用への道も期待できるため、アルバイトからステップアップしたい人にもピッタリかもしれません。

会社のことを考えながら仕事ができる

社員側からすると、全体を考えながら仕事ができるアルバイトは貴重な存在。社員に近い目線で物事が考えられるため、安心して仕事を任せやすいのです。自発的に物事を考えられるアルバイトは、社員登用への可能性も高くなるでしょう。

シフトなどの融通が利きやすい

いつでもシフトに入れるアルバイトは、社員にとって使いやすいということも事実。社員が仕事量をコントロールしやすいというメリットがあります。会社の繁閑はもちろん、社員のスケジュール調整という面でもいいアルバイトだと感じます。

最低限の社会常識を守れる

遅刻や無断欠勤などがなく、あいさつもできること。さらに、仕事をする上で報告・連絡・相談を欠かさないと、アルバイトというよりも、社員に近い目線で見ることができます。信頼度という意味でも高まるため、安心できる存在になれるでしょう。

Return Top