初給与は何に使う?初めてのお給与使い道3選 | アルバイト情報局
アルバイト情報局
2016年9月25日

初給与は何に使う?初めてのお給与使い道3選

初めての給料の使い方を覚えていますか。親に渡した人もいるでしょうし、自分に対して使った人もいるでしょう。なんにせよ、思い出に残るような使い方をしたいところです。

初めて働いてもらう初給与。何に使うのかはもちろん当人の自由です。使い道と言ってもいろいろあるでしょうが、自分が何に使ったのかを覚えている方も覚えていない方もいるでしょう。もちろん覚えている方がいいですよね。それでは、初めての給与はどのように使われているのかを3つ紹介します。

初めて自分で働いてもらった給与を封も開けずにそのまま親に渡したという方は結構いるのではないでしょうか。これまで育ててもらったお礼と感謝の気持ちを込めてそうされるようです。
長く働くことになるわけですから、それくらいのお返しはしても当然だという方もいるでしょう。中には初めての給料だけではなく、年2回ボーナスがあれば、そのうち1回分を親にそのまま渡す方もいらっしゃるとか。

親に

やはり全額とまではいかなくとも、それまでの感謝の気持ちを込めて、何らかのプレゼントをすると言う方が多いようです。どこかに連れて行ってあげて御馳走するという意見もありました。

親戚周りに

もちろん親戚周りに配るという方もいらっしゃるようです。幼い頃からお世話になっていたという方皆に対してお礼をする意味で、そんなに高いものは買えないまでも、気持ちを込めてプレゼントをしたという話です。

交通費や食費

いくら初めての給与が出ると言っても、その時に余裕が全くない方も当然いるわけです。すべてが自腹という方は、食費や交通費にすべて使ってしまうのは当たり前と言えば当たり前と言えます。

自分にプレゼント

初めての給与が出るまでは、覚えることもたくさんありますし、精神的にも辛い思いをしたということで、自分に対してご褒美を買ったという方もいるでしょう。
給料の半分を使ったという方もいれば、単純に欲しかったものを買って残りは貯金という方もいるようです。

初めての給与はとても感慨深いものですから、何に使おうか悩むのは当然でしょう。ここで紹介した以外にも、全額貯金や借金返済などそれぞれ色々な目的で使われるようです。
もちろん、何に使うかはその人の自由です。どうしてもそうしなければならない場合もあるでしょう。ただ、初めての給与はその人にとって一度しか訪れないものですから、記念に残るような使い方をしたいものです。強制ではありませんが、せっかくのことですから、後で後悔しないようにしたいですね。

Return Top