映画好きにはたまらない。映画館でのお仕事とやりがい | アルバイト情報局
アルバイト情報局
2016年11月9日

映画好きにはたまらない。映画館でのお仕事とやりがい

映画館での仕事はフロアやボックス、コンセなどがあります。映画についての最新情報を知ることができて、映画を楽しんだ人達の笑顔を見れるためとても充実しています。

映画好きの方にピッタリなアルバイトが映画館での仕事です。映画館といっても色々な種類がありますが、アルバイトを募集していることは多いです。映画好きの方にはたまらない仕事内容と環境が整っています。どのような仕事をして、やりがいはどんな部分にあるのかを紹介しましょう。

映画館でバイトをすることになると、どのような仕事を任せられるのか紹介しましょう。

ボックス

まずはボックス内でチケットを販売する仕事があります。映画を見るためには必ず利用する場所であり、多くのお客さんの相手をしなければいけません。単にチケット販売をするだけではなく、映画の案内をしたり、クレームへの対応も求められます。

フロア

次にフロアでの仕事があります。主に案内業務と販売業務があります。お客さんが館内で快適に映画を見るための手助けをします。チケットを切ったり、ゴミを回収して掃除をする業務もあります。
販売業務とは映画の関連商品やパンフレットなどを販売する業務のことです。大人気の映画になるととても忙しくなります。

コンセ

コンセという仕事もあります。飲み物やポップコーンの販売を行っています。特に映画上映前には長い行列ができることもあり、とても大変な仕事です。コンセ内でも仕事が分かれていて、レジを担当する方と、調理をしたり物を補充する係の人がいます。

上記のような仕事内容があるため、映画館での仕事はとても大変です。しかし、ここにしかないやりがいが存在しているのも事実です。どのようなやりがいがあるのかを紹介しましょう。

映画の情報を得られる

まず映画好きにとってはたまらないやりがいとして、映画の最新情報を知ることができます。これからどのような映画が上映されるのか、そのスケジュールを把握することが可能です。映画館のバイトをしていないと知ることができない情報もあるためとても楽しく働けるでしょう。

映画を楽しんだ方の笑顔を見られる

映画好きの方はやはりできるだけ多くの人が映画を楽しんでくれることに喜びを感じます。映画館では特に映画を上映し終わって帰ろうとするお客さんの笑顔を見ることができます。満足感でいっぱいの顔を見ることはとても楽しくてやりがいを感じるものです。特に映画好きの方にはたまらなくて、とてもうれしい状況でしょう。

Return Top