ゲーム好きでも実はキツイ!デバッグ・テストプレイのお仕事 | アルバイト情報局
アルバイト情報局
2016年12月9日

ゲーム好きでも実はキツイ!デバッグ・テストプレイのお仕事

デバック・テストプレイはゲームの正常な動作を妨げているバグを発見し、報告する仕事となります。ゲームを完全な状態で出荷するためには欠かせない仕事となります。
編集部

ゲームが好きな方の中には、ゲームを遊ぶだけでいいアルバイトがあればと思っているかもしれません。実はそのような方にピッタリのアルバイトとしてデバック・テストプレイのアルバイトがあります。ゲーム好きの方には最適なアルバイトのように思いますが、実はとてもキツイのです。どのような仕事内容となっているのか紹介しましょう。

デバック・テストプレイとは

そもそもデバックとは一体何なのでしょうか。これは発売前のゲームをテストプレイすることで、バグを見つける作業です。ゲームはプログラミングによって作られているのですが、さまざまなバグがあるものです。どんなに気をつけていたとしても、バグが生じるのは仕方がないため、それをデバックで見つけることが大切です。バクの中には実際にゲームをプレイしてみて初めて分かるものが多いため、テストプレイのアルバイトを募集しているのです。

アルバイトの内容

それでは実際の仕事内容を紹介しましょう。まずは普通にゲームをプレイします。最初の数日に関しては一人のプレイヤーとしてゲームに熱中することができるのです。しかし、そのような楽しい時間は最初だけです。
次は特定のセーブデータを使って、それぞれの場面でさまざまな条件を試してみて不具合が発生するかどうかをチェックします。これをゲーム中の色々な場面においてやらされることになります。しかも、1回だけではなく何十回も同じ場面を繰り返しやることも少なくありません。これが毎日続くと考えましょう。
ゲームを完全な状態で出すためには、どのような細かい部分にもバグが残されていてはいけないのです。それを確認するのがデバック・テストプレイとなります。

メリットとは

それではこのアルバイトのメリットを紹介しましょう。まず服装や見た目はまったく気を使わなくていいです。私服でOKであり、気軽に仕事を始められます。また、ゲーム業界の方と関わることができるため、ゲーム好きの方やゲーム業界に興味のある方にとっては刺激的な環境となるでしょう。人脈を得ることができるため、就職を考えている方は一度は体験してみるべきです。

向いている人

どのような人が向いているのでしょうか。まず、単純作業が数時間続けていても嫌にならない人が向いています。また、ずっとコントローラーを用いてゲームを操作することになるため、ゲームの操作が得意な人も向いています。興味のある方は求人を調べてみましょう。

Return Top