アルバイト経験を就活で活かす!経験談を面接でどうPRしていくか | アルバイト情報局
アルバイト情報局
2017年7月8日

アルバイト経験を就活で活かす!経験談を面接でどうPRしていくか

アルバイトをしているとき、就職活動の面接に役立つこともあると思います。ここでは、何をPRすればいいかをご紹介します。

学生が社会と接点を持つとしたらアルバイトというケースが大半だと思います。まず、アルバイトで働くことそのもののメリットと、どういうことを考えながら仕事をすると、就職活動に役立つのかを説明します。

学生が社会に触れる貴重な機会

学生にとって、社会人と接する機会はほとんどありません。家族や親せき、近所の人、それか学校の先生くらいのものでしょう。したがって、アルバイト経験で出会う人たちは、社会との接点となるのです。
職場の同僚や上司はもちろんのこと、お客さんが相手になることもあると思います。これらの人たちとの出会いを通じて、社会経験を得ること。それ自体がアルバイト経験の魅力と言えるかもしれません。

経験談は常に集めておこう

アルバイトとして働く場合、やはり、面接に使えるネタ集めをしておくことが大切です。特に、業務の中で良かったことや悪かったこと、発見になったことなど、常に記録しておくといいかもしれません。もちろん、業務中にメモを取るのは好ましいことではありませんが、自宅に帰ってから反芻するとよいでしょう。
また、アルバイトの仕事内容について反省することは、それ自体が社会に出てからも役立つ行動となります。ぜひとも覚えておきましょう。

アルバイトとして働いた経験をどのように活かすか。これが、就職活動を大きく左右することになると思います。ここでは、アルバイトをして良かったことと、苦労したことの活かし方を取り上げたいと思います。

アルバイト中に良かったこと

アルバイトとして働いているとき、いろいろな経験をすると思います。たとえば、コンビニエンスストアやファストフード店でもノルマが設定されていることもあるでしょう。このとき、面接官は、どれだけたくさん売ったのか、売るためにどんな工夫をしたのかという経験を求めています。
必ず、成功したノウハウについてまとめておくこと。営業職や接客業ではとても役立つ経験になると思いますし、面接官の評価も高くなるでしょう。

アルバイト中に苦労したこと

実は、こちらの方が見ているという企業は少なくありません。アルバイトをしていて、どんなことを苦労したかという事実はもちろん、それを受けてどういう対応をしたか求めている面接官は多いです。
失敗をもとに、どんな経験を得たか。あるいは、どんな対策をしたか。この点について説明できるようになると良さそうです。

Return Top