健康保険や厚生年金って、アルバイトでも入れるって知っていますか。 | アルバイト情報局
アルバイト情報局
2017年9月7日

健康保険や厚生年金って、アルバイトでも入れるって知っていますか。

アルバイトでも健康保険や厚生年金に加入することは可能です。ただ、労働形態や職場によって左右されるので注意しましょう。

アルバイトは年金も払っていないし、健康保険にも入っていないと考えられています。しかし、実はアルバイトでも健康保険や厚生年金に加入することができます。それぞれの会社によって設けられたシステムがあるので、働くことになった場合は「アルバイトですが、厚生年金などはどうなっているのでしょうか」と相談してみると良いです。貸家によってはアルバイトでも加入させてくれるところがあります。

健康保険

アルバイトの方でも健康保険に入っていないと困ります。例えば病気になった時、保険が無いと医療費が莫大にかかることもあるかもしれませんし、生活が困難になったときに保障がないと困窮した事態となります。近年はアルバイトなどが増えており、その対策としてしっかり健康保険などに加入させてくれる企業も増えています。もちろんそういった企業ばかりではないので注意は必要です。

厚生年金

厚生年金は本来会社勤めのサラリーマンが払っているものです。アルバイトや自営業、経営者などは国民年金を払っています。日本では年金制度が作られており、誰もが老後働けなくても年金で生活できるようになっています。そのための厚生年金や国民年金なのです。アルバイトはそういったものに加入できないと考えられていますが、基本的には加入できますし、加入しておくことで未納になることを防げます。

アルバイトは何かと不遇にさせられることが多いと考えられています。しかし、実際にはアルバイトでも生活はできますし、今後はさらにアルバイトに向けたサービスや福利厚生が充実していくと考えられます。今後はますます日本社会の格差が生まれると予想されており、アルバイトの方はより一層生活が大変になると考えられています。しかし、アルバイトは現状増え続けているので、その対策を国が行っているのです。

給与の面

アルバイトというのは時給も安く、仕事の責任も少ないと考えられています。しかし、近年はアルバイトがいないと回らない職場も多く、アルバイトが日本をささえていると言っても良いです。これは紛れもなく、今後の日本の形を変えると言えます。また、近年はアルバイトでも有能な方が多くなっており、給与も良い人が増えています。

休日の面

アルバイトとはいっても休日は必要です。近年はアルバイトでも休日が多い人がいますし、しっかり休養できている方もいます。日本は新卒を逃したり、若い時期を逃すと仕事が激変するということもあり、なかなかレールに戻れない方も多いですが、近年はアルバイトでもしっかり休んで仕事に取り組める体制が整っています。

Return Top